小物じゃない若い男なんていない

ネットサーフィンしていたら、興味深い記事に行き当たりました。

川崎:小物じゃない若い男なんていないですよ!社会的な地位とか成功体験とか、女性に教わったりとかして大きく見えるようになっていくけれど、そうやって大人になってから歩んで切り開いて行った道そのものが大物っていうだけで、原型はみんな小物です。だから、20代の女性に合う”大物の男性”なんて、絶対インチキなの。大物を狙おうとかしちゃダメ。積極的に小物狙いで(笑)。

http://am-our.com/love/317/12259/

川崎さんというのは、人材コンサルティング会社社長の川崎貴子さん。

「むむぅ~、至言だ・・・」と思ってしまいましたよ。

家柄が良くて、大物の卵のような男性はいるかも知れませんが、それもごく少数。

ほとんどの若い男性は小物。

「小物だけど、今後伸びていく可能性がある」のが若い男性だと思うほうが、婚活においてもいい気がします。

今後伸びていきそうな男性を探すようにしたり、もしくは伸びていくかどうかは置いておいて、自分と相性がよく、長く付き合えそうな人を見つけるようにしたほうがうまくいくと思います。

「若くして大物」なんて人を見つけようとしても、そもそも見つからないか、見つかったとしても何か他の面で苦労を負う事になる気がします。
(あくまで管理人の個人的イメージですけどね)

小物を見つけて、「一緒に成長していく」とか「観葉植物のように、じっくりと育てていく」といった気構えがいいのではないでしょうか。


コメントは受け付けていません。