結婚式後、変わったところ

結婚式をやった後、自分が変わったと感じたところがあります。

たいした内容ではないのですが・・・

それは、「テレビや映画などで結婚式の様子が出たとき、どういった衣装を着用しているかをよく見るようになった」ことです。

新婦やお父さんの衣装も見ますが、主には新郎の衣装。
(自分が男なので)

それまでは、結婚式の映像を見ても、ほぼスルー状態でした。

ブートニアとか、ブライダルフェアに行って初めて知る始末・・・

それが、自分が「紋付袴」「タキシード」着用で挙式&披露宴をやった後は、ほかの新郎さんがどういう衣装を着ているかとよくチェックするようになりました。

【紋付袴】
・紋は5つ入っているか
・袴はどういったものか

【タキシード】
・タキシードの色

など。

特に、タキシードの色はよく見るようになりました。

というのも、レンタル衣裳屋さんに行ったとき、最初に白のタキシードを着せられ、「とてもよく似合っている」と強く薦められたからです。

自分は「芸能人とかモデル以外で、白のタキシードを着る新郎なんているのかな・・・」という感覚でした。

結局、ホワイトでないタキシードをお借りすることにしたのですが、それから、ほかの新郎さんがどうしているのかをよく見るようになったのです。

見ていると、白のタキシード着用の新郎もいないことはない感じ。

でも、割合としてはそこまで大きくない印象です。

どうなんだろう。

1から2割くらい、かな。

白のタキシードを着る機会はそんなにないでしょうから、自分がいいと思って、新婦のOKが出れば着用するといいのではないかと思います。

でも、自分のように、気後れしてしまう感じであれば、他の色をチョイスするがいいのではないかと。

コメントは受け付けていません。